お年寄りが納得する言葉

認知症のお年寄りの自尊心を傷つけない好ましい接し方としては、老人が間違った行動をとっても、危険を伴わない状況であれば、叱らない、否定しない、訂正しない、理屈ぜめにしない、説得しない、強制的な指導をしないことです。知的な心の働きが衰えた結果の行動です。間違った行動をそっと補い、事故や感染などから守るための環境への配慮を優先することが大切です。


お年寄りがネガティブな状況のときは、身体的な不調が原因のこともありますが、介護者の言動がお年寄りの自尊心を傷つけていることがあります。したがって、お年寄りを尊重し、自尊心を高めるような援助が大切です。
認知症のお年客割りは、自分を変えて相手に合わせることができません。お年寄りを頑固だと非難しても、介護はうまくいきません。柔軟で臨機応変な態度で、お年寄りに合わせることが望ましいことです。介護者の接し方でお年寄りも変わります。お互いの関係がよくなると、介護者のストレスは軽くなります。



食事をすませたばかりなのに、食べてないと何回も催促にくるお年寄りに、「一時間前に召し上がったのよ」と話しても、お年寄りは体験したことのすべてを忘れているので納得しません。「畳ご飯の支度をしていますから、少しお待ちください」と話したほうが効果的です。また、「あんた、そこにいてだれがご飯つくっているの」などと言うお年毒瓢りもいます。
このようなときは、お年寄りのそばを離れて台所に立つようにするとよいでしょう。



二十数人のお年琴南りとバスで墓参りに行ったときのことです。帰りにファミリーレストランでチョコレートパフェを食べて、ホームに戻りました。「皆さん、園に着きましたよ。降りてください」「皆さん、お畳のご飯ですよ。降りましょうね」。寮母の誘導でお年毒5がバスから降りました。一番後ろの席にいた九一歳のNさんが降りて来ません。
寮母が迎えにいったら、「俺はいやだよ」と笑っています。「困ったわね」。寮母は行ってしまいました。Nさんが納得する言葉かけって何だろうと思いながら、「Nさん、終点よ」と声をかけたら、「ああそうか」と真面目な顔でバスから降りました。

 

拒否

◎拒 薬
病気に対する自覚がありませんから、なぜ薬を飲むのか理解できません。また薬であることがわからなくなると、口の中に入れられたものは、異物として感じるのでしょうか、吐き出してしまいます。
 
薬は飲む時間が指定されています。しかし薬を吐き出してしまうお年寄りで、食後三○分に服用させるものであれば、食事のおわりころに、お年璽寄りの好きなかぼちゃ、いも類、ヨーグルト、アイスクリームなどに薬をまぜて、口のなかに入れます。間をおかずにもう一口かぼちゃやヨーグルトなどを与えます。薬を飲まないからといって、食事全体にまぶしたりすると、食事も拒否するようになりますので、注意しましょう。


◎入浴拒否
認知症性高齢者のなかには、入浴を嫌う方もいます。嫌うにはそれなりの理由があると思います。介護者側の「なにがなんでも入浴させたい」という思いが、お年寄りの気持ちを無視していることもあります。家族が多いために、夜は混雑するので、お年寄りに日中入浴をすすめたところ、「お天とうさまがこんなに高いのに、風呂なんか入れるか」と嫁を叱ったそうです。また木製の風呂が古くなったので、ステンレスの風呂に替えたところ、他人の家の風呂と思い、「風呂は家へ帰ってから入る」といって、家族を困らせた方もいます。
 
用心深い方は、風呂に入っている間に、脱いだ衣類を盗られてしまうのではないかと不安になって、入浴を嫌う場合があります。また、入浴中に怖い思いをしたことから、入浴を嫌うようになったお年寄りもいます。認知症状態が高度になると、風呂に入りなさいといわれても、何のことか意味が理解できないし、どう行動すればよいのかわからなくなります。
 
入浴を嫌うお年寄りに対しては、嫌う理由を知って、お年寄りに合わせた入浴の誘導をします。日中の入浴には、「温泉に入りましょう」と誘います。温泉なら時間に関係なく入るところなので、すんなりと入ってくれます。入浴をすすめる人が変わると、入ることもあります。
 
どうしても入浴を嫌う場合は、特別養護老人ホーム認知症性高齢者デイホームなどの入浴サービスを受けることをおすすめします。

 

 


認知症性高齢者が、食べられないものを口に入れたときは、「ああしなさい、こうしなさい」
というとかえって混乱します。なかには取られると思って飲み込んでしまう人もいます。歯のない人ならKさんのような方法がよいでしょう。歯のあるお年寄りの場合も、介護者は落ち着いて、好物を見せて取り替えてもらいます。おまんじゅうやみかん、せんべいなどお年寄りの見覚えのあるものがよいでしょう。かなり認知症状態のすすんでいるお年寄りも、美味
しいものと美味しくないものはわかるようです。
 

認知症性高齢者に、飲み込んでしまったものを吐き出しなさいといっても、吐き出す方法がわかりません。飲み込んだものによっては、緊急処置が必要です。たとえば、経口糖尿病治療薬を、決められた量以上に飲んでしまったときなどは、主治医に連絡を取りましょう。夜間や休日などのときのことも考えておく必要があります。