認知症と告げられて

父は57歳で認知症と診断されました。

電話相談

前回の診察で、アリセプト3mg→5mgにかえてから、

薬の副作用が強くなり、吐き気と下痢がひどいらしい。
朝食後にアリセプトを飲んだ後、夕方頃までお腹の調子が悪く
一日に何度もトイレにかけこむ為、仕事にもならないらしい。

そして5日、ちょうど私が実家に帰ったときに
父「薬を半分に割って飲もうと思う。
  それと飲む時間も、朝ではなく寝る前にしようと思う」と言い出した。
私「じゃあ一応、先生に電話して聞いてからにしたら?」と言うと
父は、しぶしぶ(?)病院に電話をかけた。

しかし!!!!!! この日、父の担当の先生はお休みの日でした・・・。
(これがきっかけで・・・)

私「じゃあ、また明日電話して聞いたら?」
父「もうええわ。一応、今日電話したんやし」
私「でも、今日電話して明日電話しなかったら、先生も何の用事だったんだろって思うよ」
父「もうええって!それに薬は勝手に半分にして飲んでも、かまわんのやけん」 
  (少しピリピリした様子)
私「大丈夫だったとしても、先生に聞いてからのほうが安心できるやろ」
父「先生もいかんって言わんわ! 睡眠薬やってキツかったら半分に割って
  飲んでええんやけん。
  これ(アリセプト5mg)やって、半分に割って飲んだってかまわんわ。
  おまえ、これ常識やぞ!!!」 (自信満々な様子)
私「半分にしてかまわんかって事だけでなくて、
  飲む時間の事も聞かないかんのやし、自分で勝手に決めたらダメやわ」

こんなやりとりが続いていく内に、だんだんと父の顔つきが変わり
私も熱くなっていき、激しい口ゲンカになりましたが、
それでも私は、この件に関しては、ゆずるつもりがなかったので
何度も父を説得していると、最後は父が
父「もうええわ!!!5mgのまま飲むわ!!!!!」と投げやりに言いました。

夜になって、弟が父に話を聞いてみると
どうやら父は、自分でもう一度、先生に電話するのがイヤだったらしい。
なので翌日、弟が先生に電話して
・薬を半分に減らしていいか  ・飲む時間は寝る前でいいか
の2つを聞く事になりました。


この所、父は結果的に自分の言った事が正解だった場合、
「ほらみてみろ!!!」とものすごい勢いで責めてくる。
なので、私は先生の返答次第では、ものすごく責められるんだろうな・・・と
内心かなりビビッてました。

そして弟が病院に電話して
・薬は1錠→半錠 ・飲む時間は、朝食後→夕食後 に変更となりました。

幸いなことに
先生が「寝る前では、あまり意味がないので、せめて夕食後には飲むように」と
指示してくれたので、私は責められることはありませんでした。

今回、父は病院の先生に2度目の電話をする事を嫌がりましたが、
以前なら、何の問題なく電話してたはずです。

以前の父は、周囲の目を気にせず、相手が誰であろうが、
言いたい事、聞きたい事を、おかまいなしに何でもズバズバと
いうタイプの人でした。
(そのせいで、私と弟は、子供の頃、父と一緒にいて
 ずいぶんと恥ずかしい思いをしてきました。)

それが・・・どんな風に考えて、電話をするのを嫌がったのか・・・
なぜ1回目はOKで2回目はダメなのか・・・
父の気持ちが、わからないし、考えられません。