読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症と告げられて

父は57歳で認知症と診断されました。

父の誕生日

父の58歳の誕生日でした。

そして!! 父のブログデビューの日でもありました。
父は自分の誕生日からブログを書き始めると決めていたようで、
前日の18日には、下書きの記事を書いて保存してあったのですが・・・
19日のお昼前に、ものすごくあわてた様子で電話してきて

父「今、お客さんの接客の空き時間で電話してるから、あまり時間ないんだけど
  ブログの日付が18日になってるのは、日付かえれないのか?」
私「かえれるよ」
父「どうやって?」
私「普通にマウスを日付のところにもっていって〜」
父「え?なにって!?」

ゆっくり落ち着いて聞けば、わかる話だけど
時間がないせいもあって、パニック手前の状態の父はあせるばかりで
スムーズにパソコンの操作が、できてない様子だったので

私「お父さん、今時間ないのなら、先にお客さんの方してきたら?
  で、その後また電話してきてよ。
  それに、ブログは、あわててする事ないのだし、また夜でもええのとちがう?」
父「じゃあええわ。もうお客さんのほう戻らないかんから切るぞ」

そして、一旦電話を切りました。
10分後・・・
父から再び電話があり(今度は、だいぶ落ち着いていたので)
日付と時間の変更の仕方を教え、無事に投稿することができました。

夜になり、改めて父に電話をしてお昼の話を持ち出したら
父「今日の昼までに、ブログをだそうと昨日から考えていた。
  なのに、今朝お客さんが急に来る事になって予定がくるったからあわてたんや」
私「それなら、ブログをだす時間を、夜に変更したらいいのでないの?」
父「だからそれは、昨日から、今日の午前中にと自分で決めていたからダメなんや!
  ずらしたくないんや!」
私「でも時間のないときにあわててやっても、覚えられないしパニックになるだけやで。
  そんな時は、深呼吸して落ち着いて考えないかんわ」
父「落ち着いて考えられん・・。
  それに夜にずらした方がいいって事は頭の中では分かってる。
  分かってるけどダメなんや。
  自分の予定通りに、物事が運ばなかったらイライラするんや!
  仮にもし、夜にずらしたら、イライラしながらお客さんに対応してしまうと思う」
 

これもきっと病気のせいなのでしょうね・・
父の頭の中で一旦、決めたり思い込んだりしたことは
後で変更が出来なくなってきているように思いました。