認知症と告げられて

父は57歳で認知症と診断されました。

アルツハイマー病の原因

アルツハイマー認知症の原因

現在、アルツハイマー病の原因は、ベータアミロイドが原因だという
『アミロイド仮説』 が有力ですが、真の原因は分かっておりません。


脳の中に 『ベータアミロイドたんぱく』 がたまっていき
      
シミのような斑点【はんてん】(→老人斑 【ろうじんはん】)ができて、たまっていく
      
神経細胞の中に 『タウたんぱく』 がたまっていき
      
糸くず状のかたまりができる(→神経原線維変化 【しんけいげんせんいへんか】)
      
何らかのメカニズムで脳の神経細胞が壊されていき
      
アルツハイマー病発症
      
徐々に脳が萎縮【いしゅく】し、記憶や判断力などの脳の機能が低下していく
    

--------------------------------------------------------------------------
  アルツハイマー病の脳の変化
   ・老人斑
   ・神経原線維変化、神経細胞の脱落
   ・神経伝達物質の減少
   ・大脳の萎縮 (大脳皮質の神経細胞が減少)
--------------------------------------------------------------------------


アルツハイマー病は、実際に発症する何十年以上前の時点から脳内に病変が
現れはじめており、発症した時点ですでに多くの神経細胞が死滅しています。

人間の脳は、健常な人でも年をとるにつれて、老人斑や神経原線維変化が出現しますが
アルツハイマー病の人の脳では、健常な人と比べると非常に多く
脳全体に広がっており、また健常な人では観察されない部位にもたまっています。

残念ながら現在のところ、病気の原因がハッキリとわかっていないため
根本的な治療も見つかっておらず、
発症すると、症状や進行のスピードは人それぞれですが
病気をくい止める事はできず、治ることもありません。